ご相談・お問い合わせ

トピックス

2020-10-10更新

マツダスタジアム誕生物語

マツダスタジアム誕生物語

 

日本一 熱いファンに 応援される カープの選手達
マツダスタジアムは まさに カープファンにとっては 聖地ですわ。


しかし  以前は ????


29年前は
ここ旧市民球場で 歓喜の 胴上げが
(1991年H3)


しかし その後
1957年 竣工 収容人員 31,900人
竣工後 50年 施設の老朽化が、問題に
「狭い 勾配きつい 汚い(野次も?)」

2004年(H16年) 新球場建設へ

その頃 球界は 球界再編の動きが
近鉄は オリックスに 統合され カープは?

また 日本の新球場は 当時 ドーム球場が 主流

ドーム球場には多額の資金が。。


基本方針
建設場所は 貨物ヤード跡地
観客定員 約3万人の 天然芝 オープン球場
事業主体は 広島市で
完成時期は 2009年(H21年) プロ野球オープン開幕まで

当初予算は、約90億円 (最終的には 100億円弱)

環境デザイン研究所の
仙田 満氏に お願いを。

専門の商業建築デザインの他

子どもの生育環境
幼稚園や 保育所を専門に。

ボールパーク 構想 (なんじゃ そりゃ)

人を 集客できる球場に (野球を ただ見るだけの器でなく)
野球に 興味ある人も ない人も 親子3世代が 気軽に
楽しめて 一度来た人がリピーターに なれる 場所に。。。

「遊環構造」  仙田 満氏の 7か条 抜粋

1、循環機能が、あり 回遊性が、あること。
2、その循環が 安全で変化に富んでいること。
3、シンボル性の高い 空間 場があること。
4、循環に 大きな広場が、取りついていること。etc…

ちなみに コンコースの幅は、12m(広島本通り)

 

最高のスタジアム そして 最高のファンに 応援してもらって
カープの選手は 幸せもんですねー。

私と言えば ビール片手に マツダスタジアムは
でっかい ビアホール

今や マツダスタジアムは、ボールパークの名にふさわしい 日本一のスタジアム

これも 低予算の中 皆で 知恵をしぼった好結果では。。。

予算が ふんだんにあれば きっと新球場は、 ドーム球場に なっていたはず。

(広島経済界の中でも ドーム推進派が、多数、 県民の意見も ドームでしたが)

それは ある意味 立派な球場が、出来たでしょうが、 所詮 東京ドーム 福岡ドームの

二番煎じであって 日本一魅力のある球場に なったかどうかは 疑問ですね。

そんなスタジアムで 応援できるカープファンは

日本一の 野球ファンですね~。

 

 

お気軽にご相談・お問い合わせください。